古物商 買い取り 一般の人からの買取出来る・買取の時の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般の人から買い取りが出来るのが古物商の魅力の一つです。

オークション代行と違う点が買取する為、現金がすぐに必要になってきます。

取得後は経験がないので、とても不安だと思います。商品が高くなるか?商品に故障はないか?
欠損しているものはないか?本物か?偽物か?

全てが解らない状態だと思います。

わからない品物を高く買う事は出来ません。

ですが、買い取る場合安く買えば良いかと言うとそうでもありません。

買い取り金額が安ければお客様に不満が残ります。
不満が残れば次がありません。

ましてや、紹介などはしてくれないでしょう。

私も買い取りの失敗は多々あります。
梱包されていてとても綺麗な物中がベトベトしていたり、
鍵がなく全く使い物にならないものであったり、
偽物だった事もあります。

売る方も頂き物であったりして何もわからない場合もあります。

また、売る方も故障品・偽物とわかってやっている場合もありますので、
本物偽物がわからない場合買い取りはしない事をお勧め致します。

真贋研修・などやっていますので研修を受け、古物商として長く稼いで行く為には

自分への投資はすればするほど知識も増え取扱い商品も増えて行きます。

買い取りをする場合の決まりは、自宅で届けている場合。

自宅を知られたくないので、近くのコンビニなどで待ち合わせをして買い取りをする事は禁止されています。
登録地または、お客様のご住所です。

また、買い取りをする際には、古物台帳に記入しなければなりません。

名前・住所の他、買取する品物・数量・商品の特徴など出来れば詳しく
・品番・製造番号など。また未成年者からの買取は親の同意書が必要になります。

これは警察が盗難品でない事を確認する為です。

古物台帳はオークション代行・交換でも必要になります。当店にも、
何度か警察の方が盗難品を売りに来た者がいないか古物台帳を確認しに来た事があります。

古物台帳は記載する項目が揃っていれば自分で作った物でも問題ありません。
また、今ではインターネットで無料でダウンロードできる所もあります。

img05私は現在お店で自分で作った物を使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください