「ヤフオク!」で2019年に検索された、キーワードの急上昇ランキングを発表します。 ぜひご高覧いただけますと幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早いもので今年も1ヶ月をきりました。

2019年 ヤフオク広報さんより ランキングが発表されました。ご自身の販売にも参考んにしてください

 

出典元 ヤフー株式会社広報

=============================================
「ヤフオク!」で2019年に検索数が急上昇したキーワードランキング、
「人名・グループ名」「エンタメ」など4つの部門でトップ5を発表!
==============================================
※集計期間:2019年1月1日~10月31日。2018年と比較して、検索数が急上昇したキーワードのランキングを紹介。

2019年「ヤフオク!」で検索されたのは、どんなキーワード? 検索数が急上昇したキーワードを4つの部門に分け、トップ5をランキング形式にまとめました。
ランキングは、今年一年の出来事が随所に反映されていて、大変興味深い結果となりました。

【人名・グループ名部門】
1位は、2019年で結成30周年を迎えた「電気グルーヴ」。関連グッズの出荷停止などを受け、検索需要が伸びました。スポーツ界からは日本人としては42年ぶりに海外メジャータイトルを獲得したゴルファーの「渋野日向子」が2位に。

1位 電気グルーヴ
2位 渋野日向子
3位 日向坂46
4位 コン・ユ
5位 横浜流星

渋野日向子プロ しぶこ 号外キーホルダー

【エンタメ部門】(アニメ、コミックなど)
2019年4月からテレビアニメが放送された週刊少年ジャンプにて連載中の人気漫画「鬼滅の刃」が1位。「全巻」「フィギュア」などの関連ワードとともに検索されていました。4位には観客動員数1,000万人を超えた大ヒット映画「天気の子」がランクイン。

1位 鬼滅の刃
2位 シティーハンター
3位 すとぷり
4位 天気の子
5位 騎士竜戦隊リュウソウジャー

鬼滅の刃 1~17巻 全巻セット

【家電・スマホ・パソコン部門】
2019年3月に発売された「iPad mini」の第5世代(iPad mini 5)、9月に発売された「iPhone 11」と、アップル社製品が1,2位に。3、4位もスマートフォンがランクイン。5位の「ポケトーク」は、74の言語に対応する音声翻訳機。

1位 iPad mini 5
2位 iPhone 11
3位 Galaxy S10
4位 Xperia XZ3
5位 ポケトーク
ポケトークW sim付き 中古品(カバー付き)

【ファッション部門】
日本のファッションブランド「sacai」とコラボレーションした「Nike」のシューズを求める検索が急上昇しました。2位にランクインしたのは、アメリカのアウトドアファッションブランド「GRIP SWANY」。

1位 Nike sacai
2位 GRIP SWANY
3位 NEAT
4位 CELFORD
5位 Girls Don’t Cry

平成から令和に元号が変更された2019年に、
Yahoo!ショッピングで売れた今年ならではの商品をご紹介します。

堂々の1位にランクインしたのは、子供から大人まで幅広い年代で楽しめるNintendo Switch。
お正月や増税前の9月、1年で最も盛り上がる「いい買物の日」を実施した11月に検索数が高まりました。
12月はボーナスやクリスマスがあるので、更に売れることが見込まれます。

■家電部門1位:ルンバ e5 ロボット掃除機
増税前には掃除機などの生活家電が売れました。
特にルンバは増税前の9月のほか、「いい買物の日」を実施した11月に最も売れました。

■ダイエット・健康部門1位:SIXPAD Foot Fit
足を乗せるだけで足裏からふくらはぎの筋肉に効率的にアプローチ。
6月が売上のピークとなり、夏前のダイエットへの意識の高まりがうかがえます。

■自動車パーツ部門1位:ドライブレコーダー コムテック
Yahoo!検索で「あおり運転」の検索数が一番伸びたのが8月。
その影響も受けて、増税前の9月に売り上げがピークに。

■携帯アクセサリー部門1位:アップル Apple AirPods
流行中のワイヤレスイヤホンのなかでも圧倒的な人気が。
今年の3月に第2世代が発売となり、増税前の9月に売り上げがピークに。

■ベビー部門部門1位:電動鼻水吸引器 メルシーポット
第10回「ペアレンティングアワード」と、第9回「マザーズセレクション大賞」をW受賞した子育てパパ、ママの強い見方。

■ファッション部門1位:CONVERSE オールスター
ファッションアイテムの中でも一番売れたのが定番のコンバース。
価格帯も5,000円前後なので色違いで購入するユーザーも多数。

■【番外編】猛暑部門1位:ハンディーファン
今年の夏、街でよく見かけ、大流行したのが持ち歩けるハンディータイプの扇風機。
首からかけられるタイプや、超軽量タイプ、光るものなど、様々なタイプが売れました。

■【番外編】防災部門1位:非常用 簡易トイレ
複数の台風に襲われた今年の日本列島。
防災グッズの需要も高まり、非常用の簡易トイレが例年の数百倍の売上となりました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。