私がオークション起業で 古物商になった時 小さなお店でも持ちたいと 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が古物商になった時 まず考えたのは

小さなお店でも リサイクルショップの実店舗を持ちたい!

そう思いました。
車で走ってりる時は 空いている店舗があれば 見に行き

不動産の看板に電話をかけ 家賃 広さを聞き

相場観をつけて行きました。

これでわかったのは いろんな地域を回って見て 店舗物件は

あまり 良くない場所でも結構家賃が高いという事がわかりました。

上りと下りでも駅前であれば そんなに家賃がかわらなかったりしました。
古物免許をとって古物市場にいっていると 古物商の仲間が出来ます。

同年台の古物商で同じ位に参入したIT古物商が

リサイクルショップを開店する事になりお店に行きました。

とても羨ましく 私も早く自分のお店を持ちたいと強くお思いました。

 

オークション起業をした当初は本当に大変でした。

朝から夜まで 出品をしていました。

仕入れは古物市場に行ってました。

古物市場に行った帰りにリサイクルショップを廻り

自分でオークションに出品しないもの

を買取してもらう。同じリサイクルショップでも店員により

買取金額が違っていたり 同じものを持って行っているのに

翌週に行くと買取金額が安くなっていたり

これも とても勉強になりました。

服を高く買ってくれるところは あそこのリサイクルショップ

食器を高く買ってくれるところは あそこのリサイクルショップ

ブランド品を高く買ってくれるところは ・・・・

と品物によって買い取ってもらう所を変えて行きました。

そして 今私がやっている 委託販売お店が一番

高く返却してくれるとわかったのです

ヤフーオークションに出品するもの委託販売店に持っていくもの

オークション起業から 始って 現在は

ブランドリサイクル 買取 委託販売 ブルームを経営しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください