ネット古物商 ネットオークション代行業とはどのような仕組

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット古物商 言葉の通りネットオークションを代行するお仕事です。

お客様の変わりに商品の撮影からはじまり・
商品説明の文面・商品の発送までをその人に変わり代行する事です。

yakusoku4

無事落札されたら商品代金から手数料を頂きます。

現在当社でも出品代行をしています。
どの位の手数料を頂いたら良いか?当社の場合は10%~50%です。

なぜ幅があるのかと言うと落札金額により金額が違います。

10000円以下の場合は50%、10000円~99999円まで65%、

300,000円以上は10%にしています。

これは代行業に頼む方が少しでも多く返金をしてくれる所に頼みたいと言う事を考えてです。

現在はネットオークション代行業も増えています。
他の所はどの位の手数料でやっていて、

どんな商品を扱うのか?自分の得意な分野でやるか?など差別化、が必要です。

私もネット古物商になり立ての頃にやりましたが、知人などに声をかけて使わない物がないか?

要らない物はないか出来るだけ多くの方に声を掛けておくと良いと思います。

オークション代行の良いところは仕入れをしなくて済む事です。

仕入れするには仕入れの金額が伴います。オークション代行は仕入れをしないで、

今まで扱った事がない商品を扱う事が出来ますので商品知識・

オークション落札相場もわかるようになるので、とても良いと思います。

注意点は金額が上がりそうにないものは、引き受けない事です。

知人の為、商品を預かった時に全て出品代行してあげたくなりますが、
うまく断りましょう。

落札後の代金の支払は商品代金が入金された事を確認してからにしましょう。

私も何度かありましたが支払いを済ませた後に商品到着後にトラブルがあったりする
事もありますので支払日に関しましては余裕を見たおいた方が良いです。

私の所は当月締めの翌月10日払いにしています。トラブルで多いのは電化製品が作動しなかった、
バックなどの革がすぐに剥がれてしまったなどです。

未使用品で綺麗な状態でも預かった時に動作確認、
品物の表面だけではなく隅々まで良く点検・確認をしてお預かりしましょう。

出品がめんどくさい 場合は当店のオークション代行をお使いください

 

ネットを使い古物を売る事が出来る
これ物凄い事なんです。
何だと思いますか?ちょっと考えてみてください。

nmgmt743-img600x450-1440149183ogzfph23870

そうです!古物は多くの商品が世界に1つだけの商品なのです。

多くと言うのは中古品が多くあると言う事です。
(古物市場でも新品未使用品の商品も出品される事もあります。)

中古品と言う事は個人であれ企業であれ誰かが使った品物、
すなわち定価がないと言う事です。

勿論中古品にも相場はありますが、一つ一つの状態は事なります。

全く同じ品物があると言う事はありません。

中古品であっても廃ばん品で定価よりも高く売れる事もあります。

仮に新品を仕入れる場合は、定価の60%・50%が仕切り値になります。
そして価格競争になれば資金力がある所にはかないません。大量仕入れで価格を安く出来るからです。

古物の場合は一つ一つの定価は決まっていませんので、
ネットショップ・ネットオークションでオンリーワンの商品を販売しているのです。

しかも、ネット販売と言う事は全国に、またまた世界に販売出来るのです。
これは、本当に凄い事です。私は千葉と東京でお店を持ち店頭販売もしています。

千葉のお店で売れなかった商品を東京で販売しそれでも売れない商品をネットで販売をしたところ、
なんと1週間で売れてしまう。

しかも、店頭で売るより、高く売れる事が多々あります。

勿論、店頭より安い場合もありますが、3か月間売れなかった商品が、
すぐに売れてしまうのです。ネット販売の凄さを実感します。

店舗の方も勿論地元以外の方も購入して頂けますが、

インターネット販売の場合は普通に毎日全国・世界からアクセスがあり購入してくれるのです。

私は、主にネットオークションで販売していますので、

千葉県から全国の人を相手にオークションをしているのです。

しかも全国・世界に販売する環境は整っているのでネット販売する事はとても簡単に出来るのです。

ネットに詳しくないからと心配しないで下さい。

私もネットオークションをするまではインターネットに興味がなく

今でもパソコンはうまく使いこなせません。写真撮影とメールの返信が出来ればネットで販売する事は出来ます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください