消費税増税 衣替えを機におこずかいをを稼ぐ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費税増税 衣替えを機におこずかいをを稼ぐ方法

 

ハーバービジネスオンラインさんで書かせて頂いている記事が

ヤフーニュースに掲載になりました。

ついに消費税増税。苦しくなる生活

 ついに消費税10%に増税されてしまいました。

今回の増税自体、もともと景気回復など政権が語るデタラメ、冷え込んだ中で無理やり実行されたものなので、駆け込み需要らしき需要もほとんど発生しなかったようですが、それでも一部では、消費税増税前の日用品のまとめ買い・デパートなどでの高額商品駆け込みセールなどが行われていました。あなたはなにか買われましたか?

8%から10%、たかが2ポイント上昇なだけ、と言えるのは大きな勘違い。これからジワジワと生活にのしかかってくるわけで、用意周到な人は、「駆け込みキャンペーンもやっているし、買わなきゃ損」とばかりに、特に急ぎで必要になることもなさそうなものを買い過ぎてしまい、置くスペースがだいぶ取られてしまい邪魔だな~とちょっと後悔している……なんて人もいるかもしれません。

昭和のオイルショックで描かれたように、トイレットペーパーまとめ買いという程ではないけど、「駆け込み」心理に踊らされて、買いすぎてしまったけど、置いておくのも邪魔、これからも使う予定がない、でも捨てるのはもったいない……なんてものがあったら、出番になるのがリサイクルショップやフリマアプリです。

衣替えの季節にも活躍

 そして、10月は衣替えの季節でもあります。タンス・クローゼットから秋冬物を引っ張りだすときに、去年もあまり着なかった服などはありませんか? そんな服は、今年はさらに着ないかもしれません。

毎年衣替えの季節にそう思うけど捨てられなかった服。そんな服も捨てるよりリサイクルショップやフリマアプリを使うほうが、お金になります。

「ブランド物」ではないから売れない、と思っていますか?

実はそんなことはないのです。

衣類は本当によく売れるアイテム

 筆者はリサイクルショップを経営しており、婦人服をメインに扱っているのですが、これが実によく売れるのです。

自分が購入して着なかった服を店頭にお持ち頂く方に、当店を利用頂く前は着なかった服はどのようにしていたのですかと聞くとたいていこのような返事が返ってきます。

「捨てられずに何年もタンスの肥やしになった後に捨てていた」

なぜですか?と聞くと

「1年前の服や2年前の服が売れるとは思わなかった」
「ブランドでもない服が売れると思わなかった」

と言われる方が非常に多いのです。

しかし、何年も肥やしにした後に捨てるのはもったいないです。

今年は着なそうと思ったらリサイクルショップ・フリマアプリで販売しましょう! 意外なほど売れるはずです。

メルカリ・ヤフオクで服を売るために必要なこと

 服をメルカリ・ヤフオクに出すのが面倒と良く言われるのですが、今はアプリで簡単にできます。(参照:消費税増税目前で注目される「個人売買」アプリ。今更聞けない使い方も紹介)

そして、出品した「服」を、より売れるようにする方法があります。それは、写真を上手く使う事です。

まずはハンガーに掛けて写真を撮る・床に置いて写真を撮ります。

どちらでも大丈夫ですが、服の柄・色などが分かりやすいように背景目立たないように、白や淡い単色の紙を敷くなどしてください。

どの角度で撮った方が奇麗に見えるかわからず どのように撮影して良いか迷う場合は他の方が出品している服で上手に撮れている写真や雑誌を参考にすると良いです。写真の撮り方・見せ方は「自分が買いたい」と思った出品者のものをどんどん参考にしましょう。

説明文も、写真がうまい方は説明文も上手な方が多いです。こちらも同様にうまい方・雑誌の言い回しなどを参考にします。

素材・サイズなどはタグを写真で撮影し、タグの写真を参考にして下さいと説明文に入れると 着丈・袖丈・身幅など詳しく書かなくとも購入してくれる方も結構います。

余裕があれば出品時にメジャーなどで測り説明文に入れた方が良いのは勿論ですが、普段から自分が着ているメーカーの服などであればサイズだけで購入してくれるのです。

質問が来た時にだけ、着丈・袖丈・身幅を測るようにすると面倒ではなくなります。

慣れてきたり、センスに自信がある人は、撮影する際にも単体で撮るのではなくコーディネートして撮影するとイメージが付きやすく、上着を出品する際にも、インナーやアクセサリー、パンツ・スカートも一緒に売れる場合もあります。

こんなちょっとしたことで、タンスの肥やしになっていた服が売れるようになるのです。

消費税増税で生活が苦しくなる中、少しでも節約した人は是非実践してみてください。

<文/泉澤義明>

【泉澤義明】
いずみさわよしあき●1970年千葉県生まれ。リサイクルアドバイザー。高校卒業後、広告会社、テレビ制作会社等に勤務。副業で始めたオークションで半年後に独立、ネット古物商となる。自身の経験を活かし、ネット販売の講師も行っており、受講者からはわかりやすく、結果が出ると好評。オークション取引はヤフオク・メルカリ合わせて1万件以上の高評価を得ている。著書、『雇われたくない人の「ゆるゆるスモール起業」のススメ』(ぱる出版)が発売中。

ハーバー・ビジネス・オンライン

消費税増税で生活が苦しくなる中、衣替えを機に小銭を稼ぐ方法

 

出品がめんどくさい方は 当店のライン査定をご利用ください

 

 

 

SNSでもご購読できます。