中井喜一、佐々木内蔵助主演 嘘八百を見てきました 転売ネット古物商

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中井喜一主演 嘘八百を見てきました 転売ネット古物商

古物商の映画と言う事で市川TOHOシネマに

見に行ってきました。

古物市場の様子なども描かれていてとても面白かったです。

あるある あるある… と思わずうなづいていました

プロを騙すのは・・・
素人を騙すのは詐欺 映画の中のセリフですが

古物市場でも外の見かけを良くしておいて

中がボロボロというのもあります。

 

映画『嘘八百』とは

12月17日、W主演の中井貴一、佐々木蔵之介ほか、友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、芦屋小雁、近藤正臣ら超豪華&個性豊かな俳優陣が登壇しての映画『嘘八百』完成披露試写会を実施致しました。

満員の観客に迎えられ、監督・キャストの総勢12名が登壇。立ち位置を間違えた坂田利夫の初っ端の「すんまてん〜」のギャグに一同大笑いでスタート。

まずはW主演を務めた中井貴一と佐々木蔵之介の挨拶から。古物商・則夫を演じた中井は「これだけ人が多いと、1人2分話しても20分以上かかるけど、切っても面白くないので…皆さん覚悟して舞台挨拶に臨んでください」と、初めから一筋縄ではいかない(?)舞台挨拶だとにおわせる挨拶。陶芸家・佐輔を演じた佐々木は「ドキドキしていますが、これだけ大勢仲間がいるので、ちょっともうすでに楽屋でも楽しく…楽しんでね!」と早々に話を切り上げ、スタートを切った。

次に佐輔の妻・康子を演じた友近が「本日はようこそ。藤原紀香です」と鉄板の挨拶をすると、会場は大爆笑!続けて「短期決戦なのにゆったり穏やかな現場で。私はおじさんとかおじいさんが大好きなので、本当に楽しかった」と振り返った。

則夫の娘・いまりを演じた最年少の森川は「最近は現場でスタッフさんより年上のこともあるのですが、まだ年下でいいんだ、と思えました(笑)」佐輔と康子の息子・誠治を演じた前野も「蔵之介さんと友近さんの息子です!(笑)緊張感もありつつ、ほんわかした空気でした。この辺にしておきます」と、それぞれ早めに切り上げ続く出演者にバトンタッチ。

“謎の女”を演じた堀内敬子は「監督の指揮が力強く、中井先輩と『本当に演技をみてくださる監督だね』と話したのが印象深かった」と現場を振り返った。佐輔の仲間・よっちゃんを演じた坂田に、演技がまるでアドリブのように自然だったことから「アドリブだったのか」とMCが尋ねると、「イエス、アイドゥー」と答え、それに友近が「はい、と言っています」と通訳を入れ、この流れにまたまた会場・キャストも大爆笑。

 

出典 公式サイトより 引用

http://gaga.ne.jp/uso800/report/#report01

まとめ

  1. 古物商に興味がある方は観に行ってみてください
  2. 古物商に興味がある方は、ネット古物商をお読みください

 

中井貴一さんが古物商を演じる『嘘八百』 是非みてくださいね!

とても面白かったです。

俳優が良いのもありますが、面白かったです!てこりと

言う古物商の業界しかわからない

古物市場の場面もあり 面白かったです。
贋物(偽もの) つかまされる 古物商同士はあり

古物商 お客様は詐欺

ハーバービジネスオンラインさんにも

記事を記載しているので

詳しくは

ハーバービジネスオンラインさんをご覧ください
出典元
 https://hbol.jp/157761

 

古物商資格があれば、ネット転売以外にもさまざまな「儲け方」ができる

中井貴一さんが古物商を演じる『嘘八百』と言う映画が2018年1月5日より全国公開されるそうです。 古物商と言うと骨董品を扱うというイメージが多いですがはじめから骨董を扱うのはとても難しいと思います。骨董品の知識は古物商の資格を取るだけでは身につかないのですから、当たり前ですね。

では何から始めるのがいいか? それは、好きこそ物の上手なれで、ブランド品などのアパレル、パソコンやスマホ、カメラにゲームやカードなど扱う商材も多岐にわたるので自分の好きな分野から始めると結果が出やすいと思います。

そして、古物商の資格があれば、さまざまな方法で「商売」ができるのです。

 

 

 

SNSでもご購読できます。